総合化事業計画とは?

農林漁業者等が主体となり農林水産物等の生産及びその加工又は販売を一体的に行う事業活動のことです。
「新商品開発」「販路拡大」「加工」「直売」「農林漁家民宿」「農林漁家レストラン」「輸出」
その事業活動の計画が「総合化事業計画」なのです。

総合化事業計画の認定を受けると

六次産業化法とは、農山漁村の6次産業化を促進するため、農林漁業者等による農林水産物及びその副産物(バイオマス等)の生産及びその加工又は販売を一体的に行う取組等を創出することを目的とした法律です。
このような取組を行う農林漁業者が六次産業化法の認定を受ければ、様々なメリットがあります。
様々なメリット
  • 農業改良資金(無利子融資)等の償還期間が延長されます。
    (10年以内→12年以内うち、据置期間3年以内→5年以内)
  • 短期運転資金(新スーパーS資金)を受けることができます。(*1)
  • 試作品開発や販路開拓に対する事業の補助率が拡大します。(*2)
(*1)(*2)別途申請・審査があります。必ずしも受けられることを保障するものではありません。

総合化事業計画の認定申請

農林漁業者等が総合化事業に関する計画を作成し、農林水産大臣に対して申請します。
申請は、単独でもできますし、共同して行うことも出来ます。また、事業主体の総合化事業計画の取組を側面から支援する者を「促進事業者」(機械メーカー、食品メーカー、小売、IT企業 など)として計画に位置づけることができます。
申請書提出先: 北陸農政局 経営・事業支援部事業戦略課
〒920-8566 金沢市広阪2丁目2番60号 金沢広坂合同庁舎
【TEL】076-232-4233

申請様式

総合化事業計画

記載例

計画認定の要件

認定を受けた計画一覧(北陸)

■平成23年度

■平成24年度

■平成25年度

■平成26年度

認定を受けた計画一覧(全国)